悪例 やる気のない人が運営するとこうなる

ゆるりながの というブログがありまして。東京から信州に通ってるときから書き続けていた長野ブログです。温泉、宿、飲食、山・川など雑多ですがとにかく「長野県」を伝える場所としてまとめていました。

一時期海外に長く滞在することになって、このときはフィリピンからFTP操作してたら
みごと改ざんされました(T_T) 私が悪いんです。海外からなんて接続したらダメです。。

バックアップで一部取り戻したけど、すでに運営してるサイトも複数あったためこれを機に削除しようと思ったら更新したいという人が現れ。。

昔のゆるりながの

写真の質問とか、同じ県内に住む方から連絡いただいたりこのブログ1つで繋がった関係もあります。マガジン風は自分の頭ん中で構想が描けてないと作り込むのは難しいです。どのタグを読み込んで表示していくかなど、いろいろ自分ルールの中でからくりを作ってく。

何この伝える気ないサイト。。

そして今の姿。ほんの一部生き残り記事を復活させましたが、もう個別記事とか読みたくないですw
伝えたい、来てほしい気持ちが伝わってこない。
お役所のサイトに良い例がたくさんありますが、言われたからやる、やらなきゃいけないからやる人ってのは、こんなに無意味なモノを作ってしまう。正直ただのゴミサイト状態。
伝え方に正誤はありませんが、少なくとも楽しそうではないですよね。
とにかく暗い。

ぐちゃぐちゃの読みづらいブログだってたくさんありますが、文章もないしサイドバーもスカスカ。アフィリエイトタグの貼り方も聞かれたこともないし、(他のブログを見て)あれはどうやるのとか聞かれたこともないです。そして異常なほど写真が暗い。ちなみに時間はたっぷりある人です。

楽しくないなら今すぐ止めろ

自分の意思で伝えたいシェアしたいと思う。伝えたいからどうやって作るのか調べる・考える・真似る・やってみる。そのうちどんどん工夫が広がる。周囲からの刺激もあるし、その反応もどんどん感じるようになる。そうやって技術も知識もあがるっていう普通の流れ。ブログに限った話じゃないですよね。それがどうしても途中段階で「おもしろくない・苦痛」って思うならキッパリ止めるべきだと思うんですよ。誰にも得がない。

発信なんだから、伝えたい想いがないなら元も子もないです。そこに楽しさを見つけられなかったなら向いてないってことです。
不思議なのはそんな人に限ってマネタイズを考えてることです。「買う」心理までデザインして誘導するってスゴイことですよ。

というわけで返してもらうw

べつに契約もなく、私のヤル気が萎えたので貸してたスペースでした。
返してもらってまたゆっくり書いていこうかなー、もう消してしまおうかなーと悩んでるところです。
自分の長野県内の足跡をディレクトリーサイト(マップ表示)にしてしまおうかとちょっと考えてます。