下地を作る

わたしが町に足りないと思っているのは基礎固め。情報のデータベースがないのにSNSや何かとの連携で発信したって、その先に何もない。

じゃあそれをまとめてWebに乗っけるのはどこがやることか、誰がやることか、そんなことであーでもないこーでもないとなすりつけ合って、嫌々担当した人が昔に作ったものが放置されている。そんなのばっかり転がってます。

だからとりあえずここを見ろ!って場所がヤマノウチ+になればいいと思っています。

先述した問題の根源がわからない人は、ヤマノウチ+に対して昨今よく見かける「ヒト」へのクローズアップした記事や、おもしろおかしいブログ形式を提案してくる。まぁどっかでチラ見して知った程度でしょう。

で、そういうことをやれって軽々しく飄々と言うんですよね。
そんなことやるステージに我々はいません。

その手のデザインや雰囲気はコロカル辺りが先頭でしょうか。もう5年以上前から連載してますね。最近だと灯台もと暮らしとか?みんな似た雰囲気なので読まなくなりましたが^_^;
ローカルネタを面白く扱うのはジモトノココロとか?
ローカルをクローズアップしたサイトはすごい勢いで増えてて、まさにヤマノウチ+も地域メディアとして全国で知られるようになりました。それで十分じゃないですかね。だって1人でやってるし。

わたしやりたくてデータベース作りしてるわけじゃないです。そんなこともっと詳しい地元先人がやれよって話。
本来もっと新しい発見を伝える場所にしたかったけど、それ以前に足りてない問題が多すぎるからせっせと作ってるわけで。

SEO的にも発信という行為としてもどうかと思う記事はたくさんあります。とにかく当日の様子(写真)を表に出したいこともあって、写真ギャラリーとか見る人によってはやっつけに見えると思うんです。で、わかってほしいのは、こっちだって書くこと(思うこと)ないんですよ。だってイベントや行事だって過去の引き継ぎで行われてることで、写真としては写ってるヒト違うだけで全部同じ。
つまんない言葉を並べるより楽しそうな写真並べとくほうが見る側も楽しいでしょう。

それでもやっといた方がいいと思えるくらい情報がないんですよ。

この1年間は自分の撮りためた写真や、年次イベント・行事に追われましたが
今年はグルメ記事と歴史文化面、自然面を強化していく予定です。
つまり観光面にシフトしていく。(まぁこれだって私がやることなのかー?)と言いたいけど現実的に観光者が困ってるんだからもうやるしかないんですよ。

ニーズを無視して、誘客の導線も無視して、目前で必死に作ってる人無視して、TVやネットで見かけた情報ぶつけてくるってどうなんだろう。
やっぱり当たり前のように住んで働いてる人って何かが見えない仕組みになってるのかもしれない。